写真と犬とキッチンと
mamiti.exblog.jp
Top
■ 『プロデューサーズ』
2006年 05月 10日 |
b0075849_901594.jpg
夫と息子が横浜の実家へ行ってしまい、1人取り残された私はこどもの日に寂しく映画館へ…。

何か映画でも…と検討した結果『プロデューサーズ』しかないでしょ!と決定。
ミュージカルってことで少しばかり躊躇しましたが、評判がよさそうだったので。

出だしからのいきなりミュージカル色でちょっと引き、おじさん二人の登場でまた引き…で最初の15分ほどはちょっと辛かった。
で、ちょっと選択に後悔を感じ始めながらもなんとか観ていくうち、いつの間にかもうとりこ!!
とにかく楽しい作品でした!
ミュージカルなシーンが派手で目が離せないし、わざとらしさがもう素晴らしい!
すんごい下品な面白さとかあるんですよ。これが。
なので、思いっきり笑えない!
でも可笑しい!
そこんとこが非常に苦しかったです。
もうね、笑いをこらえるのに必死です。
特に私、1人で観ているわけで…。
女1人、こんな下ネタでウケてちゃヤバイでしょ、みたいな。

ユマ・サーマン、こんな役もやるんだ!と驚きでしたが今まで観たどの作品より好感が持てました!
初めて可愛く見えました。
ゲイ役のロジャー・バート、どっかで観たことある顔だけど??と思いつつ帰ってからHPを見ると・・・「デスパレートな妻たち」の薬剤師の彼でした!
どっちもアブナイ役なのに、どっちもハマっててもう最高。

観終わって劇場を出るときも、ついつい顔がほころんでしまう、そんな楽しい気持ちにさせてくれた作品でした。
あー面白かった!!
[PR]
by mamici | 2006-05-10 09:26 | movie |
<< マフィン焼いた! ページトップ アーティーチョーク >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon