写真と犬とキッチンと
mamiti.exblog.jp
Top
カテゴリ:movie( 21 )
|
|
2006年 12月 13日 |
b0075849_20191581.jpg美しかった…とても美しかったです、イ・ジュンギ!!
私、不覚にも、イ・ジュンギを見たとたん、涙が出ました。
綺麗!と思っただけなのに、なぜか。
その美しさに、心動かされるものがあったんだと思います。
男性としてどうとか、っていうのではなく、純粋に美しい彼に感動してしまいました。

約2時間があっという間に感じられます。
見事に映画の世界に引き込まれてしまいました。
もうイ・ジュンギに釘付けです。
しかし、他のキャストもそれぞれに素晴らしかったです。
同性愛色の強い映画かと覚悟(期待か?)してたんですが、
そんなことはなく、心の部分で、ですね。
王は、すごいキャラなんですが、憎めない。
カン・ソンヨン演じる、王の愛人ノスクも、やっぱり憎めない。
満たされない愛情を求めているような部分があり、切なくて哀れな気持ちになるんです。

やっぱり韓国史劇は面白い!!
この作品は、かなりオススメです。

実は先日『プラダを着た悪魔』も観たんですが、ついこちらを先にアップしてしまいました。
[PR]
by mamici | 2006-12-13 20:21 | movie |
2006年 12月 01日 |
いつの間にかたまってしまってました。
私の記録用、みたいなものです。

b0075849_9501126.jpg『ニライカナイからの手紙』
蒼井優ちゃん主演なので観てみました。
前半は沖縄、竹富島が舞台になっていて、ほわーっとした雰囲気でした。
風景も人も綺麗に撮ってありましたね。
しかし、もしかして出演者の皆様は島のお方なのでしょうか?とにかく演技が酷い…。
調べてないけど、多分そうなんじゃないかな。
棒読み演技で、引きました…。
ストーリーも単純で、先が読めるし。
蒼井優ちゃんが出演してなかったら、間違いなく途中で観るのやめてます。
優ちゃんが写真をやっていて、カメラマンの助手になるんですが、そんなとこは興味のある分野だけに、面白かったです。
ラスト30分くらいでは泣かされてしまいました。


b0075849_9503435.jpg『イン・ザ・プール』
オダギリジョーが出ているので…。
松尾スズキ、好きな俳優ではありますが、これではちょっとくどすぎ。
オダギリジョーのエピソードは笑えたし、カッコイイしで良かったのですが、
あとはちょっと…。
私には合わない映画でした。


b0075849_9505571.jpg『ザスーラ』
『ジュマンジ』宇宙版。
息子と観ました。
彼は結構楽しんでいたようです。
私は…『ジュマンジ』の方が好きでしたね。
子供は楽しめると思います。
大人はまぁ、普通に。


b0075849_9514352.jpg『スーパーサイズ・ミー』
1日3食1か月間マクドナルドで食べ続けるとどうなるか、というドキュメンタリー映画。
かなり怖いです。
アメリカの人々の食に対する意識が、まぁ一部特定の人だとはおもうのですが、あまりにも酷くて驚きでした。
特に学校給食に関わっている人のいい加減さが、観ていて腹立たしくなります。
日ごろ食にはかなり気を遣っている方だとは思いますが、食の大事さを改めて感じました。

b0075849_9532016.jpg『下妻物語』
面白いと評判だったので観てみましたが、私にはどーも向いてませんでした。
ちょこちょこ笑えるところはありますが、なかなか入り込めず…。
いつになったら面白くなるんだろう、と思ってたら、そのまま終わってしまいました。
映像は好きでした。
深キョンのロリ服も可愛らしくて、特に部屋着が。
一番良かったのは、エンドロールの音楽「タイムマシンにおねがい」かな。
オリジナルのサディスティック・ミカバンドではなかったようですが。


そうそう、、松ケン“L”を主役にした、『デスノート』のスピンオフ映画が製作されるようです!!
感動です!!待ち遠しいです!!

今年観た映画はここまでで37本。
今年中に40本いけるかな。
[PR]
by mamici | 2006-12-01 09:56 | movie |
2006年 11月 28日 |
b0075849_9485870.jpg『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』で相当気に入ってしまった、ウェス・アンダーソン監督作品。
これは『ザ・ロイヤル~』よりも、もっとマニアックです。
残念ながら、ストーリーに惹かれるところはなく、この監督の作品の雰囲気を楽しむという映画でした、私にとっては。
でも、嫌いじゃないです、これ。
でも、盛り上がりませんでした。
でも、もう1回観たいかもしれません、いえ、観たいです。

やはり、この監督、映像がとてもいいんです!!
ブルーが素敵なのです。
ユニフォームのブルーや海パンのブルー、小物にも効果的にブルーが使ってあったような。
ターコイズブルーが映像の端々で、私を惹きつけるんですよ。
隊員の皆様がかぶっている赤い帽子も、最初は何コレ?的でしたが、終盤になると欲しくなってくる、そんな不思議な魅力満載。
エンドロールの映像も良いし!
この映画を包む空気が、多分私を虜にしているのだと思います。

それから音楽!
セウ・ジョルジが音楽担当乗組員ってことで、アコギ弾きながらいろんな所で歌ってます。
これがもうたまりません!

でもでも、この映画は万人ウケはしないと思われます。
ウェス監督作品の雰囲気が好き、って人じゃないと、多分退屈しそうです。
[PR]
by mamici | 2006-11-28 09:50 | movie |
2006年 11月 25日 |
b0075849_11471068.jpg前編をTVで観た時は、かなり不満でした。
しかし、あそこまで観ていて続きを観ないわけにはいきません。
なにより松ケン"L"が観たかったのです。
彼、良いです!
私、原作でもL派なもので。
今回もしっかり"L"やってくれてました。
三白眼が素敵でした!!

この作品の見所は、原作と異なる結末!
原作では、Lの扱いにかなり落胆したものです。
え?え?これで終わり?嘘でしょーー!!みたいに、虚しくなった記憶があります。
それからすると、私的には十分満足できる結末でした。
2時間20分という上映時間が短く感じられるくらい、夢中になれて楽しめました。
前編で、こんなもんかーみたいに力が抜けて、期待もせずに観られたことが良かったのかもしれません。
藤原竜也にも、免疫ができてきたみたいだし。

RED HOT CHILI PEPPERSの音楽もかっこ良く、是非聞いてみなくちゃ、と思わせてくれました。
[PR]
by mamici | 2006-11-25 11:55 | movie |
2006年 11月 18日 |
b0075849_10303121.jpgレビューを書かないままでいたら、すっかり上映も終わってしまいました。
良かったんです。とっても。
頭のなかで、心のなかで反芻していて、なんとなく書きそびれてしまいました。
古典系が好きな人にはたまらない作品だと思います。
衣装も素敵。
アンダーな映像なのですが、光の使い方が絶妙で、見とれてしまいました。
夕刻の光の中での戦闘シーンなんて、そういうシーンが苦手な私ですら釘付けでした。
海岸に大勢の人が立って、船を送り出すシーンがあるのですが、コントラスト高めで石が綺麗なんですよ、浜辺の。
鳥肌立ちそうでした。
…なんか、観方がオタクっぽいかな、私?

ストーリーもわかりやすく、入り込めます。
トリスタンにも、イゾルデにも、そしてマーク王にも感情移入しまくりです。
悲恋の物語なので、もう切ない切ない…。
何度泣かされてしまったことか。
とにかくロマンティックで、かなり女性向きかも。
胸に響く言葉の数々、切なくてたまらない視線、表情…良いです!!

トリスタンを演じている、ジェームズ・フランコがカッコイイです!!
『スパイダーマン』の時もトキメキましたが。

観逃してしまった方は、ぜひDVDで!!
[PR]
by mamici | 2006-11-18 10:34 | movie |
2006年 11月 05日 |
b0075849_2373495.jpg銀杏BOYZの峯田クン主演作なんで借りてみました。
原作みうらじゅん、脚本宮藤官九郎、ってのにも惹かれましたし。

彼らの音楽には、正直付いて行けません。
ふとしたきっかけで、彼のブログを読み始めたんですが、
この人の書く文章、好きだなーと思いまして、で、映画も観てみようかなと。

作品としては普通かな。
峯田クンがとても良かった。ダサくてキュート。
実際の彼とかぶる役です。
彼の文から伝わってくるものと、そう遠くない感じ。
彼がアコギを弾きながら、部屋で歌うシーンがあるんですが、
そんなに上手くはないんだけれど、味があるんですよ。
心に響くって言うのかな。
青春バンド映画なんで、かなり観る人を選んでしまうと思われます。
そこはかとなく下品だったり、いいかげんだったり、情けなかったり。
カメオ出演で、浅野忠信が出てたのには嬉しくなりました。
ピエール瀧ってどこに出てたんだろう??

かなりマニアックな度合い高めの映画なので、多分人に勧めることはないでしょう。
[PR]
by mamici | 2006-11-05 23:09 | movie |
2006年 11月 03日 |
b0075849_2050579.jpg2年半くらい前に録画したっきり、HDDに入れっぱなし。
ふっと思い出して観たのですが、これもう最高でした!!
なんで今まで観なかったんだろう、私ったら!!なんて歯痒く思えました。

キャストなんてすばらしく豪華だし、それぞれが個性的。
ファッションもダサさとオシャレさを分けるライン上にあるような、なんともいえない心地よさ。
映像も文句なしに綺麗。
それに音楽がまた良いのです。
ジョン・レノンやローリング・ストーンズ、ボブ・ディランなど、懐かしく切ない曲が流れます。
思わず、サントラ欲しいっ!と検索しましたよ。

グウィネス・パルトロウのヘンなメイクも、可愛く見えてくるんです。
後半は結構胸にジーンときて、涙がにじんできたりして。
これ、今まで観た映画の中でもかなり上位にきちゃいますね。
それにしてもヴィネスって、作品選ぶのが上手いのか、私の好みにばっちりハマってるのか、私の中じゃ高評価です。

もしかしたら、これは万人ウケしない作品かもしれません。
結構マニアックかもしれません。

ウェス・アンダーソン監督作品、他のもぜひ観てみたくなりました。
[PR]
by mamici | 2006-11-03 20:52 | movie |
2006年 10月 31日 |
b0075849_9335127.jpg私、原作ファンです。
イメージを壊したくなくて、映画館へは行きませんでした。
DVDになっても借りないだろうと思ってました。
しかしTV放送ってことで、つい観てしまいました。

最初は、「お、こうきたか!ここから始めるのか」みたいなワクワク感。
酷い仕上がりになってる、なんて酷評が多かったようですが、途中まではなかなか良かったんじゃないでしょうか。
しかし、リュークでコケましたね、私。
あまりにCG…(あたりまえですが)。
リュークが出てからがもうダメでしたね。
原作では、すごく盛り上がってたエピソードも、拍子抜けするくらい普通だったし、
何より藤原竜也が苦手な私。
あのライトがどうしても許せない!!
映画しか観てない人は、ライトがただの殺人鬼にしか見えないのでは。
軽すぎる!

良かったのはL!
原作のイメージそのままのメイクで、松山ケンイチ良かったですねー!

長編マンガを2時間くらいに、ってことで、かなりはしょってありますね。
おまけにTV用ディレクターズカットで、15分ほど削ってあるようで…。
原作を読んでから観た方がいいかもしれません。

今週末公開の後編の予告も少しだけやってまして、次から出演の死神レムが豊悦っぽく見えたのですが、私だけかな?
これを観てしまったので、とりあえず次も観たくなってます。
期待は全くしていませんが。
「原作と違う衝撃のクライマックス」ってのが気になります!
原作の終わり方も、私的にはショックでしたが。
[PR]
by mamici | 2006-10-31 09:37 | movie |
2006年 10月 15日 |
b0075849_1054369.jpgいやー良かったです!!
私が今年観た映画の中で、今のところ2位ってとこかな。
1位は『ブロークバックマウンテン』。
いいですね、最近の日本映画!

CMでしか観たことなかったんですが、蒼井優ちゃん、いいですね。
いわき弁も、彼女が話すとめちゃくちゃかわいく聞こえてしまいます。
ダンスシーンも指先まで綺麗。
豊川悦司が兄、って設定は無理があるんじゃ…と思いました。
85年生まれと62年生まれって、親子でもいける差ですよ。
それでも、キャスティングは良かったです。
松雪泰子も、好きな女優さんではなかったのですが、高感度アップです。
いい感じで老けてきてる!(失礼ですね…)
b0075849_1055215.jpgそれが、ゆずの悠仁君が女装した姿によく似ているんですよ。
髪型とか化粧とか。
←こんな感じ。
おかげで気が散って困りました。


笑えるところもありますが、結構泣かせてくれます。
3、4回はあったかな、泣きポイント。
胸が苦しくなる悲しさで。
でも、映画館を出るときは、清々しい気分になれる、そんな作品です。
エンドロールが終わって明るくなるまで、誰一人として席を立つ人がいませんでした。

『東京タワー』のフラメンコに続き、フラダンスを習いたい、そんな気分にちょっとだけなりました。
[PR]
by mamici | 2006-10-15 10:59 | movie |
2006年 10月 08日 |
観に行ったまま、感想など書いておりませんでした。
とりあえず、記録として…。

b0075849_21281462.jpg『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
面白かったです。
かなり笑えました。
しかし、設定やら、登場人物やら、すっかり忘れてしまってました。
復習が必要でしたね。
直前に前作を観ていた息子に、こそこそ聞きながらの鑑賞でした。
時間が経ちすぎてしまったので、詳しいレビューはちょっと無理です。


b0075849_2131574.jpg『ゆれる』
オダギリジョー、最高です!!!
んもう、めちゃくちゃかっこいい。
香川照之の演技もすばらしく、引き込まれまくりでした。
映像もオシャレなのですが、ちょっとくどいかな、と思われるところも。
オダギリジョーのラブシーンが素敵でした!!
私と代わってーー!!と叫びたいくらい。
とても好きな作品でしたが、何かが足りない、そんな気がしました。


b0075849_21482642.jpg『恋の門』(スカパーにて)
松尾スズキ監督作品、ってことでどうしても観たかったんです。
映画館で予告を観て、ずっと気になってました。
深く考えずに、楽しめます。
オタク系が苦手な人にはキツイかも。
コスプレやら、コミケやら、今時のマンガ家やらが登場して、
こんなふうなんだなぁ!と。
私は好きな作品でしたが、他の人には勧めないでしょう、多分。


…やはり観てすぐに書かないとダメですね。
反省。
[PR]
by mamici | 2006-10-08 22:00 | movie |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon